紀州のドンファンは誰に殺されたのか全く想像つきませんね(棒読み)、禅骨です。

紀州のドンファン

そんな訳で、今回ご紹介するのは静岡人にはおなじみの喫茶店『クロンボ 古庄店』さんです。

クロンボ古庄

エディ・マーフィーのモノマネで顔を黒塗りしただけで炎上するこのご時世、この店名は大丈夫なのかと皆さん心配するかと思います。

でも実は、オーナーの黒田さんが「刑事コロンボ」が好きだったので

「クロダ」
  +
「コロンボ」

で「クロンボ」というのが店名の由来になっているそうですのでご安心ください。

もちろん嘘で、看板を見たところ普通にそっちのクロンボの意味のようです。

クロンボ

店内は開放感があり、ログハウス調の落ち着いたウッディな造りになっています。

クロンボ古庄

朝の時間帯に訪問したので、食事はモーニングメニューの4種類になります。

クロンボ古庄

昔ながらのオーソドックスな喫茶店のモーニングメニューですね。

サンドウィッチじゃなくてサンドイッチですし、パンケーキじゃなくてホットケーキです。

今回はサンドイッチセットとカレーセットを注文しました。

そして喫茶店で注文を待つ間にする事、それはスマホをいじるのではなく漫画を読むのです。


クロンボ古庄
クロンボ古庄
さすがに喫茶店は漫画や雑誌の種類が豊富ですね。

ただ心なしか本宮ひろ志率が高いです。

本棚の前で「サラリーマン金太郎」か「俺の空」か悩んでいるうちに料理が運ばれてきました。

「カレーセット」

クロンボ古庄

「サンドイッチセット」

クロンボ古庄


カレーは恐らくレトルトだと思いますが、モーニングらしくスパイシーで目の覚める一品です。

サンドイッチはハムときゅうりのシンプルな家庭の味ですね。

ちなみに通常メニューでは各種パフェが有名なお店ですので、11時以降に訪れるようでしたら是非ご賞味ください。

クロンボ古庄

久し振りに訪れたのですが昔と全く変わらず、懐かしさやノスタルジーで胸がいっぱいになりますね。

今では喫茶店はカフェへと業態を変えつつあり、オシャレで意識の高い場所になりました。

そのため純粋に喉を潤したり空腹を満たし、気取らずにリラックスできる場所は減りつつあります。

やはり棲み分けとして昔ながらの喫茶店、良い意味で「意識低い系」の場所というのも必要だと思います。

ちなみに入店時にいらっしゃった先客は、老夫婦とサラリーマンでした。

老夫婦は互いにコーヒーを飲みながら新聞を読み、他愛もない会話をしています。

サラリーマンはwindowsのノートパソコンで作業しながら、ガラケーで仕事の話をしています。

これがスタバだったら写真撮られてTwitterで晒されるような光景も、ここクロンボでは日常です。

肩肘張らずに思うままに過ごすことが出来る場所、簡単なようで意外と貴重なのかもしれませんね。