「しぶや」じゃなくて「しぶたに」だったの?禅骨です。

そんな訳で、ジャニーズの人気グループ「関ジャニ∞」のメインボーカルを担当していた「渋谷すばる」さんが脱退するとの事で、芸能ニュースはその話題で持ちきりです。
しかし渋谷さんって36歳なんですね・・・確かに年齢的にアイドルと呼ばれる事への葛藤、本格的なアーティストとしての生き方を考える年頃だったんでしょう。
今回はそのアイドル過渡期を同じように苦しんだのりこさんに話を聞いてみたいと思います
禅骨禅骨

のりこさんこんにちは、前回警察に撃たれて死んだかと思ったんですけど生きてたんですね

参考:『大谷選手の二刀流はメジャーで通用するのか』

のりこのりこ

うん、撃たれたのがちょうど肘のダルダルしたところだったから意外と大丈夫だったピー



禅骨禅骨

死ねばよかったのに(それは何よりでしたね。ところで今回関ジャニ∞から脱退する渋谷すばる君について聞かせていただけますか)



のりこのりこ

コメントと心の声が逆だけど面倒くさいんで先進むピー

まず世間における「ジャニーズ」という肩書のイメージが、「本格的アーティスト」を目指す彼にとっては足かせのように感じてしまったピー

きっとどんなに素晴らしい歌を歌っても「アイドルのアーティストごっこ」にしか見てもらえないと思ってしまったんだピー


禅骨禅骨

あ~確かに堂本剛とか見てると痛々しいすもんね


のりこのりこ

そう、では仮に堂本剛がkinki kidsじゃなかったら、彼のソロプロジェクト『エンドリケリー』は評価されて・・・


禅骨禅骨

いや、それは無いっス


のりこのりこ

うん、それは無いピー


のりこのりこ

では仮に堂本剛がジャニーズじゃなかったら、彼の面白トークが評価されてお笑い芸人として・・・


禅骨禅骨

いや、それはもっと無いっス


のりこのりこ

うん、それはもっと無いピー


禅骨禅骨

あれ?そう考えると「本物」になるのに肩書は関係ないんですね


のりこのりこ

そう、自分の過去や経歴を捨てることでステップアップできると思ったら大間違いだしピー、そんなイメージ云々にとらわれている時点で、到底「本物」にはなれないピー


禅骨禅骨

おぉ~何か今日のお前は良いこと言いますね


のりこのりこ

よ、よせやい(照れ)


のりこのりこ

もぅ~そんな禅骨君には、のりこが2001年に出版した絵本『のりピーランド』を差し上げるピー



禅骨禅骨

(・・・いらねぇ)


禅骨禅骨

あれ?著者名が「さかい のりこ」ってなってますけど・・・


のりこのりこ

あぁ、だって「酒井法子」だとアイドルのアーティストごっこだと思われちゃうじゃんピー


のりこのりこ

イメージ悪いじゃんピー


禅骨禅骨

・・・


のりこのりこ

・・・