どうも、のりこです。

のりこ

いやぁ~、このたび「子ども健全育成大使」に任命されちゃったピー。

もう嬉しすぎるから久し振りにあの決め台詞言っちゃうピーよ?

せ~の、

マンモスうれピー!!!

のりこ

おっと、嬉しさのあまり間違って舘ひろしの画像を貼っちゃったピー(てへぺろ)

だってね、だってね、シャブでパクられたときは完全に終わったと思ったピーよ。

デビュー時には無理やり語尾にピーを付けるキャラにさせられて・・・

原宿でオープンしたタレントショップの売上は事務所にピンハネされて・・・

久し振りに紅白に出られると思ったら謎の手話付きで歌わされて・・・

挙句の果てにはちびまる子ちゃんのお母さん役で変なパーマにさせられて・・・

のりこ

しかも、のりこの前にお母さん役やってたの清水ミチコだったピー。

のりこ

清水ミチコの類似タレント扱いされても頑張ってきたピー・・・

そんな努力も1回の逮捕で水の泡・・・そう思って留置所で泣き明かしたピーよ。

でもね、何でのりこが「子ども健全育成大使」になったかわかるピー?

長い人生の中でつまづく事なんて誰にでもアルピー。

のりこ

そしてやり直すチャンスはいつでも、どこにでもアルピー。

のりこ

それを伝えたくて「子ども健全育成大使」になったピーよ。

確かに覚せい剤を使用したことは間違っていたピー。

でもそれが過去の自分を、頑張って生きてきた自分を否定するわけではないピー。

長い人生という道のりで、つまづいて転んでしまっただけピー。

その転んだ場所はスタート地点ではなくて、むしろ今まで歩いてきた道のりの先端ピー。

正しい道を選びなおしてさらに先に進むだけ、それはリセットじゃなくてコンティニューだピー。

だから良い子のみんな、のりことこれだけは約束してほしいピー。

シャブは一日3回までピー!

のりこ

※このブログはフィクションで、登場する人物・団体は架空のものです(=д=)ノシ